物流だ!配車マンの苦悩、ストレスの日々

弱小物流配車マンが物流のあれやこれやを配信

乗務員は昼休憩取れるの?劣悪環境に負けるな!

乗務員は昼飯すら食べられない!?

 

f:id:butsuryu_man:20180523172030j:plain

 

乗務員の皆様はランチを取れているでしょうか?そうです、昼飯です。はっきり言って、乗務員さんは昼休憩といったものを取れることが少ないのではないでしょうか?私も乗務員をやっていた時、同じように昼ご飯をきちんと食べられることが少なかったように思います。

 

これには理由がいくつかありますが、最大の理由としては、

 

  • 納品先の受付先に間に合わないor積み置きの時間に間に合わない

 

ということになるかと思います。ようするに、時間に追われているということですね。

 

昼休憩が取れる車格は?

 

さて、では昼休憩が取れる仕事というのはどういう仕事だと思いますか?それは納品回数の少ない仕事です。一回積んで一回しか荷下ろしがないとすると、うまいこと早く仕事が終われば次の仕事までの間に昼ご飯を食べることができますね。

 

逆に納品回数が多い仕事というのは昼休憩を取ることができないということになります。最たる例が宅配便等の業者ですね。想像してみてください。ファミレスや定食屋などで昼ご飯を食べている時に、ヤマトや佐川の制服を着た人がご飯を食べているのをみたことありますか?

 

ですので、昼休憩が取れる車格というのは、10tなどの大型。昼休憩が取れない車格は2t車などの小型車、ということになりますね。

 

まぁあくまで車格は参考までにしておくといいと思います。大型だからと言って、納品回数が少ないとは限りませんし、2t車だって一発納品の仕事がないわけではありません。小型車でもユニックとか平車両なんかは一発ということもありますので、あくまでs、仕事の内容にで決まるという風に思っておいた方がいいかな。

 

(昼休憩取るよりさっさと仕事を終わらして帰りたい、という乗務員も一定数いるということも伝えておきます)

 

昼休憩が取れるように働き方改革

 

前の記事でも書きましたけど、点呼時に睡眠不足を確認する旅客自動車運送事業運輸規則及び貨物自動車運送事業輸送安全規則を改正が行われました。乗務員の働き方を見直して、適正な業界にしていこうという政府の判断が見て取れます。

 

butsuryu-man.hatenablog.com

 

ということで、もしかしたら昼休憩をちゃんととっているか?ということも終了の点呼時に確認するようにというお達しが今後来る可能性も無きにしも非ずです。

 

6時間〜8時間の労働をさせる場合、会社側は少なくとも45分の休憩時間を与える義務があるのです。乗務員の場合、待機時間もありますからそこを休憩時間とみなすことも可能かと思いますが、そこで納品のための待機というのは拘束時間とも捉えられるので、厳密には休憩時間ではありませんよね。

 

結局のところ、乗務員が昼休憩を取れるようにするためには、荷主から貰う運賃を上げてもらい、乗務員に支払える給与分を確保する以外に方法はないのです。まぁ、乗務員の給料を下げて、昼休憩をちゃんと取れ、と指示することも可能ですが現実的ではないですよね。

 

乗務員の仕事環境が変わるかどうかは、荷主の運賃次第ということになります。

 

(まぁ実際は運賃上がっても、同じように働かされてしまう運送会社の方が多そうですけどね…)

 

配車担当は昼休憩しているの?

 

ちなみにですが、配車担当は昼休憩を取れることが多いです。何かトラブルがあり、昼休憩までに解決できなかった場合、昼飯にありつけないこともありますが、まぁそれはどの仕事でも同じことですからね。

 

ちなみに私はそうは言っても休憩を取らないタイプです。私がやってた仕事は、結構昼にトラブルが多かったこともあり、もはや呼び出されるのがめんどくさくなってオフィスから出なくなりました。もっぱら、コンビニのおにぎりやパンをぱくついて終わり、という感じですね。

 

あと、乗務員が昼飯食えてないのに、休憩取るのが引け目を感じるというかなんというか…。私の配車でみんな昼飯食えてないんだよなー、なんて思ったりしてますね。まぁそんなこと気にせず昼休憩とればいいんでしょうけど。乗務員もそういうことを織り込み済みでドライバーとして仕事しているわけですからね。

 

まとめ

 

乗務員は昼休憩を取れないことが多い。
配車担当は昼休憩取れることが多い。

 

ということが言えるかと思います。就職や転職を考えるときの参考にしていただければ幸いです。

ブロックチェーンは物流を変えるのか?

配車担当のたろーです!ブロックチェーン技術って知ってますか?

 

f:id:butsuryu_man:20180520232833j:plain

 

ビットコインブロックチェーンが物流を変える未来

 

皆さんはビットコインをご存知でしょうか?去年あたりめちゃくちゃ流行って、CMなんかもバンバン流れていたので耳にした方もいるかもしれませんね。コインチェックという会社がハッキングに会い、500億超もの被害を被ったことも記憶に新しいかもしれません。

 

ブロックチェーンとは、そのビットコインを構成する根幹の技術のことなのです。

 

ではブロックチェーンとはいったいなんなのか?専門家ではないので詳しく解説することは省きますが、平たく言うと全ての取引が鎖のようにひとつながりになっており、その全てを可視化できる技術ということです。かなりざっくりな説明なので細部は違うと思いますが、これくらいの認識で今のところはOKです。

 

で、そのブロックチェーン技術が物流の未来を変える、と言ったのがアメリカの大手物流会社であるフェデックスのCEO。

 

www.bloomberg.com

 

かなり興味深いことです。本当にブロックチェーンは物流の世界を変えるのでしょうか?

 

ブロックチェーンにより全ての取引の流れが可視化できる

 

幹線の配車をしていて乗務員からこんなことを言われたことないだろうか?

 

「今日これで運送会社に電話するの6件目だよ」

 

私は幹線の配車ってあまりしたことなかったので気づかなかったのですが、こういったことが結構あるみたいなんですね。

 

そこまで詳しくないので、あくまでイメージで捉えてもらいたいのですが、幹線便の場合、例えば関東〜関西をメインで走ってる会社の場合、月曜日を起点とすると、

 

月:関東発
火:関西発
水:関東発
木:関西発
金:関東発

 

みたいな感じで仕事を取っていくことになります。で、先のことはわからないので、A社の配車マンは月曜日に木曜日発の仕事で大阪発が出てきた場合、とりあえず受けるわけです。

 

しかし、水曜日に関西方面に行く仕事が、京都行きしかなかった場合、木曜日の大阪発の仕事だと遠すぎるということが起きるわけですね。

 

その場合、他社の配車マン同士とやりとりして、大阪発が欲しいB社の配車マンが京都発の仕事を持っていた場合、A社と交換しあうわけです。そうすると、乗務員はまずA社の配車マンに電話をして誘導をお願いするわけですが、実際にはB社の配車マンが仕事を持っているので、B社に電話しろと指示するわけです。

 

こんな感じで仕事の交換が頻繁に行われているのです。上記の例は交換が1回だけなのでまだなんとなく把握出来るわけですが、これが何回も何回も交換が行われるとはっきり言ってカオスな状況に陥ります。

 

電話ならまだいいですが、受領書なんかは頻繁なラリーが繰り広げられるので、もっと分かりづらいですね。更に言えば紛失のリスクも大きくなりますから、仕事のやり方としてはいい方法とは言えません。ITに対してかなり遅れている業界ですので、改善するのもなかなかハードルが高いんですけど。

 

さて、ではここにブロックチェーンの技術が導入されるとどうなるのでしょうか?

 

仕事が鎖の輪っかだと考えると、それがひとつながりの鎖のように俯瞰できるとなれば、最初にどこからの仕事か?というのがすぐにわかるということですね。これにより、簡単に考えれば電話をする回数を最小限に抑えることができますね。

 

また、受領書問題も、最初に荷主がわかるので直接もどすことが可能です。可視化できるということはそういうことです。

 

しかし、実際にはもっと話は簡単になります。仕事がひとつながりで可視化出来るということは、荷物が届いたかどうか?というのも確認出来ると言うことです。宅配便はそういったシステムを各社で用意していますが、ブロックチェーン技術を使えばその会社の垣根さえも超えて、確認が可能になると言うことです。

 

荷主からもメリットがあります。間に入っている業者が把握出来るようになるので、余計な手数料がなくなるということです。間に会社が入るごとに1000円ずつ抜かれていくということを考えれば、間に4社入ってたら4000円多く払っていることになりますね。無駄な経費が削減できると言うことです。

 

物流業界の未来

 

短期的に見れば、ブロックチェーン技術が導入されることにより、中間業者が一層されるので水屋家業は激減するでしょう。恩恵を受けるのは、荷主と中小企業の運送会社です。これにより売り上げが倍増する可能性すらあります。

 

しかし、その未来も長くは続きません。結局は自動運転・AI配車の時代が到来し、ITの技術を持っている物流会社が業界を掌握していくことになるでしょう。IT技術は欧米には勝てませんから、上記のフェデックスや早々にブロックチェーンに興味を示していたUPSなんかが覇権をとる可能性がありそうです。アマゾンも期待値が高そうですね。

 

個人的にはITが遅れている業界は、さっさとIT化を進めていただき、仕事を簡単にしていってもらいたいと思っていますので、この波は大歓迎です。しかし、その業界の中で生き残っていけるかと言うと…うーん、あまり自信がありません(笑)。

 

まぁでもこの大きな流れは変えられないと思いますので、自分がこの物流業界の中でどのような戦略を取っていけばいいのか?というのは考えて仕事をしていかないといけないなと思ってます。

 

会社の特性を理解しよう!物流会社の得手不得手

配車担当のたろーです!あなたの会社の得意分野はなんですか?

 

f:id:butsuryu_man:20180516223200j:plain

 

物流会社によって得意な車両がある?

 

取扱の仕事をするとき、みなさんはどこに電話をかけますか?顔見知りの会社に電話をかけることが多いかと思いますが、見当違いな発注をしてないでしょうか?

 

トラックにもいろいろな形状があり、一番わかりやすいのが平車両なのか箱車両なのか?というところではないでしょうか?一般的に平車両の方が重量物を積むことができるので、重たいものを運ぶ場合には有利です。一方で箱車両は仮装の分重量は積めませんが、雨風に強く、汚れなどが付きづらいので、食品関係の荷物を運ぶのに適しています。

 

どちらかというと、今の時代は平車両の方が運賃がいい傾向にあり、かつ、荷物の方が多いわけで、箱車両を持っている運送会社や物流会社に荷物情報が回ってくることがあります。

 

しかし当然ですが、箱車両を持っている会社というのは平車両の仕事をすることができません。じゃあ、取扱で他の会社に、となるわけですが、結局は横のつながりも同じだったりするんですよね。なぜなら、ベースカーゴを運ぶために同じような車両を持っている会社同士でつるむからです。

 

よく電話でやり取りをするからといって、なんでもかんでも同じところに仕事を投げてても仕事を取ることはできないということなんですね。

 

付き合いのある運送会社の得意荷物はなんですか?

 

その会社が何の仕事をメインにやっているのか?というのを見極める必要が配車マンんはあります。まぁ普段のやり取りをしていれば自ずとわかるはずですが、持ってくる仕事を改めて見てみればわざわざ聞かなくてもわかるはずですね。

 

荷主だって箱車両しか持ってない会社に平車両の仕事を振ったりしないわけで、取扱でくれる仕事も必然と得意分野によってくるはず。もっと言えば、自分の会社のベースカーゴを考えれば、こちらに振ってくる仕事の内容もなんとなく把握できるのではないでしょうか?

 

自社で食品を運んでいるのならば、建材の仕事を振られてもやりようがないですよね。

 

ビジネスチャンスは不得手な荷物にある

 

とはいえ、同じような仕事をしていても、売り上げを継続的に上げることはできません。以前も同じようなことを書いてますけども。

 

結局は自分の会社がやってないところに進出することで売り上げのチャンスを取ることができるのです。

 

自分の会社が箱車両メインで、それによって売り上げを上げているのならば、次のステップは別の業界の仕事で売り上げを上げるのです。それも繁忙期が重ならない業界ならばなお良しですね。

 

朝の仕事がメインの会社なら、夜の仕事をなんとなくやってみる。そうやって仕事の厚みを作っていけば、自ずと売り上げが伸びていくものです。まぁ言うは易しですけど。でもせっかく外にでて仕事を取ってくることをしなければならないならば、違う業界の運送会社にも足を運んでみると視界が開けるかもしれませんよ。

 

最後に

 

業界によって得手不得手がある。配車担当は臆せずに新しい仕事にチャレンジしてみましょう。

 

今回は業界について書きましたが、実は軸をずらす手段としてはそれだけが有効ではありません。そのことについてもおいおい書いていきたいと思います。

睡眠不足で運転禁止!?どうなる物流業界

配車担当のたろーです!睡眠時間足りてますか?

 

f:id:butsuryu_man:20180515225742j:plain

 

睡眠不足での乗務が禁止に?

 

国土交通省より睡眠不足の乗務員に乗務させてはならないという旅客自動車運送事業運輸規則及び貨物自動車運送事業輸送安全規則を改正が発表になりました。

 

国土交通省に改正のPDFが載ってます。

 

http://www.mlit.go.jp/common/001232432.pdf

 

概要を引用しますと、

 

1旅客自動車運送事業運輸規則及び貨物自動車運送事業輸送安全規則の一部改正
・事業者が乗務員を乗務させてはならない事由等として、睡眠不足を追加します。
・事業者が乗務員の乗務前等に行う点呼において、報告を求め、確認を行う事項として、 睡眠不足により安全な運転をすることができないおそれの有無を追加します。
・運転者が遵守すべき事項として、睡眠不足により安全な運転をすることができない等の おそれがあるときは、その旨を事業者に申し出ることを追加します。

 

2「旅客自動車運送事業運輸規則の解釈及び運用について」及び「貨物自動車運送事業輸送 安全規則の解釈及び運用について」の一部改正
点呼時の記録事項として、睡眠不足の状況を追加します。

 

というだそうです。ようするに、睡眠不足な人は乗務の仕事についちゃダメよ、点呼の時にちゃんと確認してよね、ということです。

 

点呼時に体調についての確認は従来からありましたが、睡眠不足にも言及するのはかなり異例のことですね。居眠り運転で大事故が立て続いたのでしょうか?ますます乗務員の管理が難しくなる一方、配車担当としては従来のような繁忙期に無理してもらって仕事をなんとか間に合わせる、ということが出来なくなるということです。

 

睡眠不足は何時間からのことなのか?

 

ここで問題となるのが、いったい何時間寝たら睡眠不足とみなされないか?ということです。

 

人によっては5時間も寝れば充分だと言う人もいるでしょう。逆に8時間寝ても寝足りないと言う人もいるかもしれません。もしくは、睡眠時無呼吸症候群などの病気により、何時間寝ても睡眠不足状態と言う人もいるかもしれません(まぁそんな人はそもそも乗務員にならないほうがいいのですが…)。

 

結局、事故を起こしてしまってから、睡眠不足というのが判明するのではないか?という危惧がありますね。なんでもかんでも睡眠不足のせいにされてはたまったものではありません。運行管理者は刑事罰を受ける可能性もあるので、点呼時の確認不足なんかにされてしまっては割に合わないのではないでしょうか?

 

最終的に落ち着くところは、やはりIT機器の導入ではないでしょうか?

 

所詮人が口頭で確認するのには限界があります。アルコール検知器のように、IT機器でお墨付きをもらえれば、そこに対する過失はありません。

 

というわけで、いち配車担当としては早くIT機器の導入を切に望みますよ!

 

睡眠不足確認の実施は2018年6月1日から

 

急ですが来月から点呼時の確認が始まってしまいます。

 

弊社でも朝礼にて号令がありました。睡眠不足にたいして気をつけるように、と。

 

しかし、どう気をつけたらいいか?というこちに対するアナウンスはありません。結局現場でうまく妥協点をみつけてやりなさい、ということでしょうね。

 

会社がちゃんとその指針を出してくれなかったら、会社員は動けません。ふざけるな、という話ですよ。勝手に判断して、なんでそんな判断したんだ、と追求されたら、

 

「あんたたちが決めなかったからでしょ!」

 

と言ってやりたいところですね。

 

売り上げもあげつつ、法も守りながら、乗務員のご機嫌も伺う、というゲームで言うとめちゃくちゃハードモードな時代に突入していきますが、うまいこと頑張ってやっていきましょうね…。

物流用語:配車

物流における配車とは?

 

f:id:butsuryu_man:20180514122421j:plain

 

本来で言うと、配車は状況に応じた車を割り振ることです。

 

配車と検索すると、タクシー関係の記事がヒットすることが多いので、物流業界よりもタクシー業界の方が当たり前に使われているのかな?私は物流の方しか知らないんですけど。

 

しかしながら、配車マンという風に後ろの言葉をつけるとなんだか違った意味合いになってくるから不思議です。

 

乗務員「荷物積んだ先で高速使って行ってくれって言われたんだけど」

 

配車マン「え、そうなの?そんな指示、荷主から来てないけどなぁ」

 

乗務員「確認しておいてよ」

 

配車マン「わかったー」

 

てな感じで、配車した後の事後処理なんかも全部配車マンの仕事だったりします。おかしい、配車マンは状況に応じた車を割り振れば良いのではないのか…。

 

そんなわけで、配車マンというのは配送に関わる色々なことをこなす調整役でもあるわけですね。本当に積み地と降ろし地のマッチングのみしかしない人を、荷組マンと揶揄されることもあるくらいですから、まぁ仕事が多岐にわたると思っていいでしょう。

 

ちなみに、請求支払いの突き合わせをするのも配車マンの仕事だったりすることがあります。まぁこれは配車担当じゃないと運賃がよくわからないと言う特殊な世界であるからとも言えますがね。

 

 

butsuryu-man.hatenablog.com

物流ニュース:完全自動運転の配車、アメリカで年内開始!配送は?

配車担当のたろーです。ついに年内に完全自動運転のサービスが開始ですか!?

 

www3.nhk.or.jp

 

タクシー業界の完全自動運転

 

もうすぐ自動運転が乗務員の仕事を奪っていきますよ、なんて書いていましたけども、どうやら本当にすぐそこまで迫って来ているようですね。このニュースは物流とは直接関わりはないですが、人ができたら次は物も、となるのは間違いありません。

 

NHKのこのによると、“運転手がいない” 完全自動運転の配車 アメリカで年内に開始へ、によると、

 

アメリカのIT大手のグーグルのグループ会社は、運転手がいない完全自動運転の車に一般の客を乗せる配車サービスを年内に西部アリゾナ州で始めると発表しました。

この中でクラフチックCEOは「年内にアリゾナ州フェニックスで完全自動運転の車を使ったサービスを開始する。誰もがアプリを使って呼ぶことができるようになる」と述べて、運転手がいない完全自動運転の車に一般の客を乗せる配車サービスをビジネスとして年内に始めると発表しました。

 


とあります。まだアリゾナだけですから、乗客を乗せた試験運行というイメージでしょう。テストも最終段階ですね。これがうまくいけばどんどん世界に発信していくことになると思います。

 

このサービスを推測すると、

 

  1. 乗客がスマホでタクシーを手配(現在地と行き先を入力、即決済)
  2. アプリ上で最も近い完全自動運転のタクシーが乗客の元へ向かう
  3. 迎えに来たタクシーに乗り込み移動開始
  4. 目的地にて降車

 

こんな感じのフローでしょう。ここでポイントは、最初に決済を済ませている点です。これにより、現金の取りっぱぐれを防ぐ目的と、現金のやりとりをしないので人間が乗っている必要がないということですね。

 

あとは、配車担当として思うところは、行き先がわかっているので次の行程を考えやすいということ。まぁ実際に考えるのはAIがやるんですけど、見れば見るほど考えれば考えるほど、よくできた仕組みだなぁなんて思います。

 

完全自動運転を物流業界に応用すると?

 

このサービスは物流にも応用することが可能ですね。

 

  1. 荷主がスマホでトラックを手配(積み地と降ろし地を入力、即決済)
  2. アプリ上で最も近い完全自動運転のトラックが乗客の元へ向かう
  3. 迎えに来たトラックに積み込み移動開始
  4. 降ろし地で荷下ろし

 

こんな感じです。メーカーと問屋間のやりとりだともっと楽で、発注すれば勝手に荷下ろしまでの依頼が終わるようなイメージだと思います。

 

技術の開発を考えると、まずは完全自動運転から業界が変わっていくのかな?という推測が立ちそうです。そのあとは完全自動倉庫です。完全自動運転の場合、まだ荷積みと荷下ろしが難しいですからね。

 

また、人と違って荷物は自分で動かないので、不測の事態に対処することができません。この完全自動運転のシステムはgoogle(の子会社)が開発しているようですので、物流に関してはまだまだ作り込みができないのではないかな?という推測も立たせることができます。

 

ですので、完全自動運転のニュースをアマゾンあたりが発表したら、本気で物流業界が変わる予兆だ!と考えた方がいいかもしれませんね。世界的にはいいことなんですけど、現場で働いている人たちにとってはいったいどうなるんだ?と気が気じゃないでしょうから。

 

最後に

 

これが成功すればタクシー業界もだいぶかわります。目下の課題は、自動運転の精度と、台数の問題です。手配したはいいものの、迎えが到着するまで1時間、なんてことがザラにあるようだと使い物になりません。どれだけ台数を投入してくるのか、このニュースだけではわかりませんが、それによってgoogleの本気度がわかりますね。

 

事故がないわけではない完全自動運転ですので、注目して観察していきたいと思います。

連休前の仕事はなんで忙しいの!?

配車担当のたろーです!連休前の仕事にいつまで疲弊すればいいのでしょうか?

 

 

f:id:butsuryu_man:20180510225107j:plain

配送量増加に悩む連休前

 

連休前の配送量増加にどう対処するか、これは物流会社にとっての永遠のテーマです。

なぜ連休前に物量が増えてしまうかというと、

 

  1. メーカーが休みになるため、受注が止まる
  2. 休みになる前に休みの分を入庫したい仕入れ担当
  3. 休みになる前に全ての配送を終えたい物流会社
  4. 休みになる前に全ての入庫を受けたい物流施設
  5. 休みになる前に売り上げをできるだけあげたい営業担当

 

以上のことが密接に絡み合い、物量がめちゃんこ増加するわけですね。

 

ですから、連休前は物量増加に対応するために配送トラックをたくさん用意しなければならないのですが、……現在はたくさん用意できる環境ではなくなって来ているのです。

 

昔は労働力がたくさんあり、運送や労働に対する法規制もかなり緩かったのでそれこそ24時間戦えますか?というキャッチコピーが流行ったほど、働きまくれたわけです。

 

私が知ってる限りでも、2回転3回転は当たり前といった感じでした。回転すればするほど乗務員も運賃を稼げたので、働けば働くほど儲かった時代でした。

 

しかし、それもちょっとすぎると、今度は労働力が陰り始めます。そうなるとどうなるかというと、お金に物を言わせて車両を確保するんですね。それこそ、閑散期の2倍3倍の運賃を提示して、車両を確保していました。繁忙期になれば稼ぎどきというのがまだまだ続いた時代です。

 

そして、現在。2018年の今は、運賃をあげても車が集まらなくなってしまいました。フリーで動いている車も極端に少なくなり、ほとんどの車がどこかしらの企業の常用として普段働いているのです。

 

そうすると、いくら運賃を割り増ししたところで車が集まらないという事態になります。現在は絶望的に繁忙期に物が運べない時代になってしまいました。

 

繁忙期のための仕事を閑散期に

 

物流会社としては、いかにして車両を確保するか?というのを普段から考えていかねばなりません。自社の仕事だけでは、閑散期もある以上、繁忙期に必要な車両を確保するのに限界があります。

 

取扱の仕事を拡充し、いかに売り上げを作り閑散期に車両を逃さないようにするか?繁忙期のためにつなぎとめておけるか?というのが日々の重要なミッションだと配車担当は考えながら仕事をしなければなりません。

 

連休前の仕事は、連休前の前に決まっている、と覚えておきましょう。

 

ちなみに

 

自分達だけの会社のことを考えたら、上記の考えでもいいかもしれませんが、社会全体を考えたらもっと大局的に物を見ないといけません。これは1配車担当が考えるべき問題ではないですけど。

 

結局車両の総数は決まっていますので、運べる業界があれば運べない業界が出てくるというのはわかるかと思います。結局は力のある会社が物流をも牛耳ってしまうということです。

 

そんなことを多少なりとも考えて、物流業界に携わっていきたいものですね。

 

butsuryu-man.hatenablog.com